仕事を長く続けるためには、ストレスケアが重要

医師や看護系の仕事は、毎日患者の対応に追われ、肉体的疲労以外にも精神的ストレスを多く抱えやすい仕事だ。病院は閉鎖的空間であるがゆえに、どうしても職場の人間関係に悩みやすい傾向がある。したがって、メンタルバランスの影響で体調を崩し、業務を続行することが不可能になってしまうケースも発生するのだ。

短期間のリフレッシュでストレスが解消できる場合は大きな影響はないが、うつ病などになってしまうと治りにくくなり、休職を余儀なくされ、復職時のリスクも発生してしまうので注意しよう。大きなストレスを抱えたまま長期にわたって働いていると、精神疾患を発症するリスクは高くなる。このような状態を回避するためには、日々の業務で抱えるストレスをなるべくその都度発散し、自分のメンタルをうまくコントロールすることがポイントだ。

おすすめの方法は、メリハリをしっかり意識する事だ。休日にはしっかりと休み、自分の抱えている業務の事は考えず、旅行に出かけたり、趣味に時間を費やすなどのリフレッシュが有効だ。この方法は簡単そうにみえるが、意外と難しい。性格の問題もあるが、うまくメリハリをつけて生活する事は、強い意志が必要になるので、まずは自分自身が気持ちを変えようと決意しなければならない。また、有給休暇を取得する際にも、職場の雰囲気によっては自由に選べない可能性も考えられる。しかし、そこは勇気を出してしっかりと自分の意志を伝える強さを持とう。

医療の現場で働く人は、何よりもまず自分の健康を第一に考えて行動する事が、仕事を長く続けるための大切なポイントなのだ。

心身に負担を抱える方へ!ストレス解消の必要性を語ります