看護師の離職率を低くする一つの提案

看護師の仕事は、離職率が割と高いことが問題視されている。女性が多い職場なので、結婚や出産を機に退職をする人が多いのは確かだ。それは昔からの習慣であって、誰もが理解していることである。ただし、そうした理由のある離職とは別に、単にストレスが原因で不本意に辞めていく人も多い点が問題だ。本人はまだまだ現場で働きたいのに、仕事がハードなせいで、その気力がなくなってしまい、挫折して辞めていってしまうのは大きな問題である。

看護師になるまでには、数年関看護学校通いをした後に、国家試験を突破するという高いハードルをクリアしなければならない。並大抵の努力では看護師にはなれないのに、労働環境の悪さゆえに志半ばで辞めていく状況は、できるだけ回避したいものである。これは本人のためでもあるが、日本社会全体のためでもある。

看護業務がハードなのは、人手不足が原因であると指摘する声が多い。看護師だけではなく、医療従事者全体の数を増やすことが、問題解決の一助になると言われている。しかし、少子高齢化が激しい日本では、ハードなイメージが根付いている医療業界に、若い人材を招き入れることは難しくなってきている。今後ますます日本の労働力不足の問題は深刻になるので、早急に労働環境の改善が求められる。

ストレスについては、各企業が実施しているストレスチェッカーなどを医療機関も積極的に導入して、各人のストレスレベルを調べ、ストレス過多なスタッフには、部署の配置やシフトなどの調整をする必要があるだろう。

心身に負担を抱える方へ!ストレス解消の必要性を語ります